研修プログラム一覧

経営層向けプログラム

研修時間:90分
研修料金:20万円(交通費・宿泊費・消費税別)
受講者数:15名程度まで
カリキュラム例
  1. 日本の産業界に迫りくる新たなリスク
  2. 労務管理に関する法律
  3. 労災認定と損害賠償の事例・判例の解説
  4. 経営リスクとして考える健康管理戦略
  5. 放置した場合のわが社の経済的損失
  6. 今、取り組むべきことは何か

管理職向けプログラム例

研修時間:3時間(セルフケア1時間、ラインケア2時間)
研修料金:25万円(ラインケアのみの場合は20万円)(交通費・宿泊費・消費税別)
受講者数:30名程度まで

カリキュラム例



<オリエンテーション>

1. きょうここに集まった目的(人事部長より)
2. 『○○社』のメンタルヘルスケアに関する姿勢(社長より)
3. 我が社の健康管理体制の説明(産業医ビデオレターなど)
4. 講師の紹介(人事部長より)
5. 講師の自己紹介・あいさつ


【セルフケア】

~心の病の基礎知識~
1. 割と身近です!心の病
2. データで見る『病める日本』
3. うつ病を、もう少し詳しく見てみよう

~ストレスについて~
1. ストレスとは(個人ワークあり=あなたはどんな時にストレスを感じますか?)
2. 良いストレス、悪いストレス
3. ストレスの現れ方は、さまざま
4. ストレスからくる病気の関係(心身症、気分障害)
5. メンタル不調を起こしやすい人とは
6. あなたは大丈夫?自己チェックタイム!

~普段の生活で気をつけたいこと~
1. 脳に良い影響を与える栄養素と快適な眠りが健康な心を作る
2. ストレスを受けた時のとらえ方(ストレスコーピング)
3. 上手なコミュニケーションでストレスを減らそう(アサーション)
4. 職場でできるリラックス法→時間あればやってみる
5. 普段から困ったときの相談相手を持とう
6. 常に自分の体や心の声を聞こう

~対応策~
1. 自分の心の不調に気づいたら(○○社の相談体制の説明も)
2. メンタル疾患の治療(精神科、心療内科、メンタルクリニックとは)
3. 周りの人のこんな様子に気を付けてあげよう
4. 同僚から相談を受けたら(カウンセリングマインド)グループワーク


【ラインケア】

~管理職として押さえておきたい関連法規と企業リスク~
1. 労働安全衛生法と安全配慮義務
2. メンタル不調を放置する企業リスクについて
3. CSRとしてのメンタルヘルスケア


~自分の部署を病気から守ろう~
1. 予防こそすべて。
2. 管理職の大切な2つの役目とは
3. 働く人のやる気を支える3つの要素とは
4. 職場の環境をコントロールするの管理職
5. さあ、自分の持ち場でどんなことができるか、話し合ってみよう(ディスカッション)
     
~いざというときの対応策~
1. 『普段と違う…!』部下のイエローサインとは
2. イエローサインを発見したとき、あなたの取るべき行動とは

~我が社のルール説明~
1. 健康診断ルール
2. 過重労働者の医師面談ルール
3. 休職から復職にかけてのルール
4. 復職者を迎える時の留意点

 ~質疑応答、およびアンケート~
       (アンケートの内容は企業ご担当者の方とお打ち合わせの上作成)

全階層向けプログラム(セルフケア研修)

研修時間:60分
研修料金:15万円(交通費・宿泊費・消費税別)
受講者数:100名程度まで
カリキュラム例
  1. データで見る『病める日本』
  2. うつ病とは?
  3. ストレスとは(個人ワークあり=あなたはどんな時にストレスを感じますか?)
  4. 脳に良い影響を与える栄養素と快適な眠りが健康な心を作る
  5. ストレスを受けた時のとらえ方(ストレスコーピング)
  6. 上手なコミュニケーションでストレスを減らそう(アサーション)
  7. 職場でできるリラックス法→時間あればやってみる
  8. 心の不調に気づいたら(自社の相談体制の説明も)
  9. メンタル疾患の治療(精神科、心療内科、メンタルクリニックとは)
  10. 会社の規程を確認しよう(休職~復職などのルール説明)

管理職向けハラスメント防止プログラム

研修時間:120分
研修料金20万円(交通費・宿泊費・消費税別)
受講者数:30名程度まで
カリキュラム例
  1. 職場で見られるハラスメントの種類
  2. あなたの周りにもある、小さなハラスメント
  3. 長引く不況に姿を変えた日本企業
  4. ハラスメントによる職場・組織への影響
  5. ハラスメントと法律(判例/労災認定)
  6. 管理者に求められる安全配慮義務
  7. 職位が上ということは、それだけでパワー
  8. 加害者の言い分は?
  9. パワハラとメンタル不調の関係
  10. 指導とハラスメントの違い
  11. 爆発しそうなときの対処法
  12. 加害者は、どのような罪に問われるか
  13. あなたのパワハラ度チェック!
  14. 相談を受けた時の対処法
  15. 我が社の規程と相談窓口

一般職向けハラスメント防止プログラム

研修時間:120分
研修料金18万円(交通費・宿泊費・消費税別)
受講者数:30名程度まで
カリキュラム例
  1. 職場で見られるハラスメントの種類
  2. あなたの周りにもある、小さなハラスメント
  3. 長引く不況に姿を変えた日本企業
  4. ハラスメントによる職場・組織への影響
  5. ハラスメントと法律(判例/労災認定)
  6. セクハラとパワハラの種類
  7. ハラスメントが起こりやすい状況
  8. ハラスメントの法的責任
  9. パワハラと指導の違い
  10. 企業がハラスメント防止をする意義
  11. 部下に求められる姿勢
  12. もう一度ホウ・レン・ソウを見直そう
  13. フォロワーシップとは
  14. ハラスメントを受けにくい態度
  15. 我が社の規程と相談窓口

その他の研修メニュー

【スキル系トレーニング】
・交流分析(対人コミュニケーションスキル)
・アサーション(自己表現、自己承認スキル)
・ストレスコーピング(ものの見方)
・アクションラーニング(組織活性)
・アクティブリスニング(傾聴スキル)

【リラクセーション系トレーニング】
・オフィスでできるヨガ
・絵を描きながら自分を見つめる
・自律訓練法

【健康系トレーニング】
・病気を寄せ付けない食べ方
・オフィスでできる健康体操

◆いずれも、最大30名程度、90分~180分で、ご要望に応じて調整いたします。
価格などにつきましては、お問い合わせください。
03-3664-7091 資料請求 お問い合わせフォーム[24時間受付]