コンサルタントの視点

せっかくの復職プログラムを活かすコツ!

前回は、せっかく復職プログラムを作っても、
病状が重くなってから休む、
家族の理解・支援がないまま休む、
誰にも知られず、ひっそりと休職に入る、
休職中、誰からも支援もなく休む、等の「悪い休職の入り方」
では、プログラムが無駄になる、
というか機能しない、ということを書きました。

では、どのように休職させたらよいのか・・・

企業では、しきりと「復職」にこだわるようですが、
復職が成功するかどうかは、「休職」のさせ方によるのです。

ここ大事。

さて、従業員が診断書を持ってきて
「具合悪いんです」となれば、産業医面談のうえ、休職させる。
ここでは、あまり反対を唱えたり、疑ったりせず、
主治医の指示に従いましょう。

「では3か月お休みですね、はい、どうぞ」

ちょっとまった!
それでおしまい?

ここからが人事の腕の見せ所です。
すぐに「休職マニュアル」を見ながら、
必要メンバーを招集しましょう。
産業医、上司、本人、配偶者・・・

え?配偶者なんか呼ぶの!?
そう思った方は要注意。
前回のコラムにも書いた通り、
全ての病気は、一人で直すことは難しいのです。
ましてや、精神疾患はその典型ですし、
とくに必要なのが、家族の理解と支援です。

どんなふうに、何を話したら・・・?
産業医には、どういう役目を担ってもらうの?

それを明記しておくのが「休職マニュアル」なのです。
list page
03-3664-7091 資料請求 お問い合わせフォーム[24時間受付]