コンサルタントの視点

リーダーとマネジャーは違う

管理職向けによく話すのですが、
リーダーとマネジャーは違う、という話。

聞いたことのある方も多いと思います。
リーダーは、問題提起する人。
方向を定め、メンバーの気持ちを一つにまとめ、
動機付けて、鼓舞し、ゴール向かって変革を仕掛ける人。

マネジャーは、問題解決する人。
目的達成のため、メンバーの効率、能率をアップさせ、数字を管理し、
適材適所に配慮し、権限移譲や正しい手続きに則って
業務を遂行する人。

まあ、具体的には、坂本龍馬みたいな人がリーダーで、
大久保利通みたいな人がマネジャーの典型と言われているようです。

リーダーは、ちょっと素質に頼るところもあると思います。
マネジャーは、鍛錬で得ることのできるスキルが多いと思います。

ただ、リーダーシップの形は、時代の流れによって
求められる形を変えてきたので、何とも言えないかもしれません。

現代社会では、圧倒的に「サーバント・リーダーシップ」が
受け入れられるようですね。
リーダーといっても、現代の若者が付いてこないような
リーダーシップを発揮されても困りますからね。
list page
03-3664-7091 資料請求 お問い合わせフォーム[24時間受付]