コンサルタントの視点

働く人に、成長感や貢献感を持ってもらうには

仕事の成果と、個人の喜びを結び付けて考えるには、
成長感や貢献感がないと、難しいと、前のコラムで書きました。

では、働く人が成長感や貢献感を感じるには、
どういう要素が必要か?

先ず成長感。
そもそも成長とは何か。
できなかったことが、できるようになること。

そして、それを感じるには、
自他ともに、成長を認めた時。
自分だけじゃなく、他人からも、です。

次に貢献感。
そもそも貢献とは何か。
何かの役に立つことですね。

これも、成長と同じで
役に立ったかどうか、わからなければ
貢献したかどうかわらかず、
従って貢献感は、感じられません。

成長よりも、貢献のほうが、もっと
他人から言ってもらわないと、感じにくいものかも
しれません。

成長や、貢献を、周囲の人が本人に言ってあげる。
すると、その人はそれを感じることができ、
個人的満足を得るのです。

個人的満足が、仕事によってもたらされたものであれば、
その仕事は、大変にジブンゴトであり、
更に頑張る源になると思います。

逆に、他人からそのような評価を
得られない人は、メンタル不調やハラスメント加害者に
なる可能性もあります。

いかがでしょうか、皆さんは。
成長と貢献を、周囲の人から言ってもらってますか?
list page
03-3664-7091 資料請求 お問い合わせフォーム[24時間受付]