コンサルタントの視点

他部署との連携

あなたの部署は、他部署と仲良くやってますか?

コンサルティングしてると、
「他部署との連携が悪いと思います」という話が多い。

これは、お互いの無理解や無関心、
そこから来る勘違いなどが原因だったことが分かりました。

何事も話し合えば解決するものですが、
興味関心のない相手とは、話し合いもしませんよね。
では、他の部署に関心を持つためには何が必要か。

まずは、勉強です。
自分たちの作っている製品の勉強。
そして、それが、どこから来て、どこへ向かうのかという商流の勉強。
そして、自分達の前工程と後工程にあたる部署の勉強。
これは他部署の方に、実際話を聞かせてもらうといいでしょう。

そして、自社全体の勉強。
管理職であれば、財務上の姿、業界でのポジション、
今後の展望と戦略など。これは役員が先生になるといいでしょう。
若者たちに対しては、組織図を見せながら、
他部署の名前と役割を教えるだけでも効果があります。

そして、同業他社研究、業界研究、隣接業界研究、
グローバルビジネスへと、勉強の視点を広げます。

だんだん円を広げれば、最初の円なんて、
とっても小さなことだって、感じるでしょう!

「他部署との連携が悪い」なんて言ってた自分たちが、
いかにちっぽけだったのか、わかるでしょう!

この勉強の円を徐々に広げるならば、
それこそ他部署の人たちと展示会や学界に出かけたり、
同業他社の方々と交流会で面識を持ったりすることができ、
仕事の世界が広がります。

そうすれば、どんな仕事でもおのずと楽しくなってくるのです。
国内外の、色々な業界の人々と接触することにより、
色々な刺激を受け、そこから「イノベーション」も起こります。
固定化された職場と家の往復だけで、新しい発想を生むのは無理というものです。

仕事は一人でしているのではない、仲間を求めるのはビジネスマンの本能です。
皆さんも、本能を開放しましょう!
もっと学んで、人脈を広げましょう。

そのための仕掛けが必要なら、時間とお金をなんとか捻出するのが、
幹部の務めではないでしょうか。
list page
03-3664-7091 資料請求 お問い合わせフォーム[24時間受付]